The Contented Ghost

If you should see me by the shore
Just leave me on my own
By tumbling wave, and note no more
My form of shining tone.
For out of time is all now set,
Thought enshrined in light;
A deep content is fully met -
Detachment scales a height.

No more my heart can grief contain
Since lost is earthly tie,
And memory now feels no pain
For senses born to die
So should you feel my presence near,
Stand still and ponder on
The needless thrust of fearful fear -
And I will wander on.

満ち足りた幽霊

もしも海辺で私を見かけても
どうぞそっとしておいて
波間に輝く私の姿に気づいても
どうぞ声をかけないで。
時の流れとともに、記憶はすべて
光の中に刻みこまれたのだから。
私は深く満ち足り 報われた気持ちで——
静かに高みへと昇ってゆくのです。

私の心にもはや 哀しみはありません
この世を離れてしまったから
何かを思い出して 辛くなることもありません
痛みはすぐに消えてしまうから
だから 私の気配を間近に感じても、
そのままじっと自分に言い聞かせて
何も恐れる必要などないのだと——
そして私は さすらい続けるのです。

Said the Child...

"I love you...
I shall love you as long as you live
And when you are dead
I shall love you as long as I live,
And when I am dead
I shall love you as long as God lives."

When death passes by
There is rebirth of love,
Recurring, unswerving,
Philosophically wrought.
What more can God ask
Of the faithful than this?

子どもの言うには…

「愛してる
あなたが生きてるかぎり 愛してる
そして あなたが死んでしまっても
私が生きてるかぎり 愛してる
そして 私が死んでしまっても
ずっとずっと愛してる 天に神のましますかぎり」

死が通り過ぎていくとき
愛は生まれ変わる
不滅の、揺るぎない、
淡々として強いものに。
神はこれ以上の敬虔さを
お望みになどなるだろうか?

(訳詩 長野由紀)