塾長の鑑賞記録

塾長の鑑賞記録

私=juqchoの芸術鑑賞の記録集。舞台も絵も和風好き、でもなぜか音楽はプログレ。

Journey

1998/06/20

東京国際フォーラムでJourneyのライブ。満席とは言えないものの、比較的若い層から子供連れまで、幅広い年齢のファンが席を埋めました。器材の配置は中央奥にドラムセットがあり、前列は向かって右からギター、ボーカル、ベース、キーボードです。

定刻の18時を10分ほど回ったところで客電が落ち、歓声の中をメンバーが下手から登場。それぞれの位置につき、ストリングスとギターの短いインストに続いて「Separate Ways」で幕を開けました。ここから後は古い有名な曲と新曲とをうまく取り混ぜてステージが進行し、新しい曲はキャッチーで聞きやすく、古い曲では会場が大合唱となり、なごやかな雰囲気の中にもノリの良いコンサートとなりました。それにしても彼らの曲には一緒に歌える親しみやすい楽曲のなんと多いことか。「Any Way You Want It」「Lights」「Wheel in the Sky」「Lovin' Touchin' Squeezin'」などなど。

来日に先立って発表されたライブCDには私も観に行った1983年の日本武道館での演奏が収められており、Steinbergerのベースを弾くRoss Valoryやピアノの上にJupiter-8とProphet-5を重ねたJonathan Cain、ドラムソロがつまらなかったSteve Smithの姿などを今でも覚えています(オープニング曲はたしか「Chain Reaction」だったはず)が、今回はギターのNeal Schonとの二枚看板だったボーカルのSteve Perryが来日せず、代わりにSteve Augeriがリードボーカルとして参加したほか、ドラムもSteve SmithではなくDeen Castronovoでした。とはいえボーカルの新Steveは元祖Steveとそっくりの声でほぼ完全に穴を埋め、Deenはもともとの楽曲によりロックらしいパワーを与えていて、特に、個人的に大好きな「Escape」でのスピード感あふれる演奏には大満足です。そしてNeal Schon、Ross Valory、Jonathan Cainの3人のコーラスワークは健在で、リードボーカルのSteveとの4人でさまざまな組み合わせの見事なコーラスを聞かせてくれました。

コンサートのエンディングは「Don't Stop Believin'」。約2時間のライブは大歓声のうちに終了し、私は喉を枯らし手を腫れ上がらせて会場を後にしたのでした。

ミュージシャン

Steve Augeri vocals
Neal Schon guitar, vocals
Jonathan Cain keyboards, guitar, vocals
Ross Valory bass, vocals
Deen Castronovo drums

セットリスト

  1. Opening / Separate Ways
  2. Can't Tame the Lion
  3. Only the Young
  4. Stone in Love
  5. Castle Burning
  6. When You Love a Woman
  7. Lights
  8. Kohoutek / Who's Crying Now
  9. I'll Be Alright Without You
  10. Open Arms
  11. Remember Me
  12. One More
  13. Escape
  14. Wheel in the Sky
  15. Be Good to Yourself
  16. Any Way You Want It
  17. Lovin' Touchin' Squeezin'
    -
  18. Faithfully
  19. Don't Stop Believin'